【Javaアップデート徹底解説③】Javaのインストール手順

情報技術の知恵

Javaを必要とするアプリケーション、または、初めてのJavaプログラム開発で、どのJavaをインストールしたらいいのかわからないとお悩みのあなた。

以前からJavaを使っていたが、無償サポートが終わってしまって、古いバージョンのJavaからアップデートできず、セキュリティの脆弱性のリスクにお悩みのあなた。

そんなお悩みをお持ちで,

【Javaアップデート:徹底解説①】どのJavaをインストールすべきか?」をご覧になり、

  • OracleJDKのライセンス状況
  • Javaのロードマップ
  • Javaの比較結果
  • おススメのJava

また、「【Javaアップデート:徹底解説②】Javaとパソコンのシステム仕様整合確認」をご覧になって、次の内容を理解されたあなた。

  • Javaのシステム要件(要求仕様)
  • パソコンのシステム仕様の確認
  • Javaとパソコンのシステム仕様整合確認

この記事では、Javaのインストール手順、保守維持管理方法、また、これに関連して代表的なJavaのタイプの分類について解説しています。

  1. 旧Javaのアンインストール
  2. Javaのインストール
  3. Javaの動作確認

さあ、このシリーズ記事を参考にして、あなたのニーズにあったJavaを見つけ、アップデートしましょう。

スポンサーリンク (Sponsored Links)

旧Javaのアンインストール

Javaをインストールする前に、お使いのパソコンにすでに異なるバージョンのJavaがインストールされていないかをご確認ください。

①お使いのパソコンにJavaがない場合:

  • Javaのインストールから始めてください。

②お使いのパソコンにJavaがインストールされていて、別のバージョンをインストールする場合:

  • インストール済みのJavaをアンインストールしてから、ご希望のJavaのインストールを行って下さい。

Javaがお使いのWindowsパソコンにインストールされているかどうかは、この記事で解説している「自動アンインストール」と「手動アンインストール」の手順で確認することができます。

Javaのアンインストールには次のような2つのタイプがあります。

  • 自動アンインストール
    • アンインストーラーによる削除
  • 手動アンインストール

次にそれぞれのアンインストールのタイプを解説していきます。

自動アンインストール

インストーラーを使って自動インストールしたJavaのようなアプリケーションは、アンインストーラーを使って自動でアプリケーションを削除可能な場合が多いです。

WindowsパソコンでのアンインストーラーによるJavaの削除手順を説明していきます。

Windows スタートメニューから「コントロールパネル」>「プログラム」>「プログラムと機能」とクリックしていくと、「プログラムのアンインストールまたは変更」の画面になります。

そこから削除したい旧Javaを見つけ、それをクリックして選択します。

パソコンにインストールされているJavaの種類やバージョンによって、「プログラムのアンインストールまたは変更」でのJavaの名称が異なります。

次の「AdoptOpenJDK JDK with Hotospot 11.0.11(x64)」は一例であり、同じ名称とは限りません。

Windows「プログラムのアンインストールまたは変更」画面①

選択されると、その頭に□が現れ、再度、クリックすると□にチェックが入ります。

Windows「プログラムのアンインストールまたは変更」画面②

□にチェックが入っている状態で、もう一度、クリックします。

次のような確認画面が出たときは、「はい」をクリックしてアンインストールを進めます。

Windows「プログラムと機能」アンインストールの確認画面

「プログラムのアンインストールまたは変更」の画面のアプリケーション・リストからクリックしたアプリケーションの名称が消えるとアンインストールの完了です。

このタイプのJavaは、インストールされているかどうかをチェックするのも、削除するのも簡単で、手軽にアップデートできそうですね。

手動アンインストール

手動でインストール、環境設定したJavaは、インストールと逆の手順で削除が必要です。

  • Home設定の削除
  • Path設定の削除
  • Javaディレクトリの削除

Home設定やPath設定の削除は「システム環境変数」画面から行います。

Windows「システム環境変数」画面の表示方法(こちらをクリック)をご覧ください。

Home設定の削除

Windows「システム環境変数」画面の表示方法(こちらをクリック)を参考にして、「システム環境変数」画面を表示させます。

  1. 「JAVA_HOME」をクリックして選択
  2. 「削除(L)」をクリック
  3. 「OK」をクリック
システム環境変数「JAVA_HOME」の削除画面

これでJavaのHome設定は削除されました。

次はPath設定の削除をしましょう。

Path設定の削除

Windows「システム環境変数」画面の表示方法(こちらをクリック)を参考にして、「システム環境変数」画面を表示させます。

「システム環境変数(S)」画面に「JAVA_HOME」が環境変数名にない事を確認して、

  1. 「Path」をクリックして選択
  2. 「編集(I)」をクリック

システム環境変数「Path」の編集
  1. Javaのbinフォルダパスを選択
  2. 「削除(D)」をクリック
  3. 「OK」をクリック
「環境変数名の編集」画面(パスの削除)

これでJavaのPath設定が削除されました。

Javaディレクトリの削除

C:\Program Files

または

C:\Program Files (x86)

の下にあるjavaフォルダをファイル・エクスプローラーで見つけ、それを削除します。

64ビットのWindowsでは、通常、次のようにファイルが配置されています。

  • 64ビットのアプリケーションはc:\Program Filesの下
  • 32ビットのアプリケーションはc:\Program Files(x86)の下

お疲れさまでした。

このタイプのJavaは、インストールされているかどうかをチェックするのも、削除するのも、手間がかかり、保守維持管理するのが大変そうですね。

旧Javaがインストールされていない状態であることを確認して、新Javaのインストールをしていきましょう。

Javaのインストール

Javaのインストール・ファイルの分類

Javaには使用目的に対応した次の2つのタイプがあります。

  • JDK(Java Development Kit)
    • プログラミング言語Javaによるソフトウェア開発環境(JRE環境を含む)
  • JRE(Java Runtime Environment)
    • プログラミング言語Javaのアプリケーション動作環境

Javaアプリケーションを動作させるのみであれば、JREで大丈夫です。Javaによるソフトウェア・プログラム開発するにはJDKが必要です。また、JDKにはJREの機能が入っており、どちらを利用すべきかわからないときはJDKのインストールをおススメします。

Javaのインストールは次のような種類があります。

分類①

  • 自動インストール(インストーラーを使用)
    • 実行ファイル(拡張子がexeのファイル)で提供される場合が多い
  • 手動インストール
    • 圧縮ファイルで提供される場合が多い
      • (ZIPファイルなどで実行可能なバイナリーファイルがフォルダにまとめてある)
    • Javaフォルダのダウンロードと設置
    • Java環境設定(Path設定, Home設定)

分類②

  • オンライン・インストール
    • インストール中にインターネット接続が必須で、必要なソフトウェアをダウンロードしながら、インストールします。(ファイルサイズが小さい。)
  • オフライン・インストール
    • インストール中にインターネット接続が不要。必要なソフトウェアはダウンロードしたファイルにすべて含まれている。(ファイルサイズが大きい。)

これらの種類の違いは、提供元のインストール・ファイルに依存します。ファイル名から、自動インストーラーか手動インストーラーかの判断ができない場合が多くあります。

次に、代表的なJavaのインストール例をご紹介していますので、これらの記事をご覧いただくことで、事前にどのタイプのインストーラーで、どれくらいの手間がかかるのかを理解できます。

代表的なJavaのインストール例の紹介

次のシリーズ記事で代表的なJavaのインストールについて解説しています。詳細はそれぞれご興味をお持ちのJavaの記事名をクリックして、リンク先の記事をご覧ください。

Javaの動作確認

Javaコマンドを使った動作確認

Windows「コマンド・プロンプト」を起動方法(こちらをクリック)を参考にして、「コマンド・プロンプト」画面を表示します。

Java動作確認の一例として、Javaのバージョンを表示させるコマンド(java -version)を次のように入れてみましょう。

c:\>java -version

Windows 「コマンド・プロンプト」Javaバージョン確認

Javaのバージョン情報を表示できた時の例は次の通り。

Windows 「コマンド・プロンプト」Javaバージョン確認結果

Javaのバージョンが表示できたことで、WindowsがJavaのコマンドを認識して、Javaが動作していることが確認できました。

Javaアプリケーションを使った動作確認

あなたがお使いのJavaアプリケーション(例えば、RankTracker)で、ソフトウェアが立ち上がったり、基本機能が動作することをご確認ください。このことで、JRE(Java Runtime Environment)が機能していることを検証できます。

まとめ

この記事では、Javaのインストール手順、旧Javaから次のJavaへ変更する保守管理方法、また、これに関連して自動/手動のインストール/アンインストールなどJavaのタイプの分類について解説しました。

  1. 旧Javaのアンインストール
  2. Javaのインストール
  3. Javaの動作確認

【Javaアップデート:徹底解説①】どのJavaをインストールすべきか?」でご紹介した「Javaの比較一覧表」にある代表的なJavaのバージョンのインストール詳細は、次のシリーズ記事をご覧ください。

このシリーズ記事を参考にしていただいて、あなたのニーズにあったJavaを見つけ、アップデートしてください。

このシリーズ記事の内容があなたのお役に立てば、何よりです。