インターネットを使った確定申告(e-Tax)の始め方②

ネット情報生活の知恵

【2021年確定申告対応版】

インターネットを使った確定申告(e-Tax)の始め方①」で「ID・パスワード方式」によるインターネットを使った確定申告(e-Tax)の方法について、ID・パスワード方式の届け出から「所得税」の申告を例として「申請書の事前準備」を済ませ、「保存データを利用して作成」で途中で保存したり、保存したデータを利用して作成再開の操作ができるようになったあなた。

この記事は「ID・パスワード方式」によるインターネットを使った確定申告(e-Tax)で、申告書の確認や送信のやり方からe-Taxの完了までを解説しています。

上場株式等の「配当所得」や「譲渡所得」を「所得税」の確定申告する方に、「総合課税」または「申告分離課税」の課税方式の選択で節税するための参考情報を入れています。

課税方式などの条件を変えてデータ・ファイル、および、PDFファイルを一時保存しましょう。保存した条件での税額や還付金額を比較検討して、あなたに適した節税方法が見つけられます。

それでは、さっそく、「所得税」の確定申告の続きを再開しましょう。

スポンサーリンク (Sponsored Links)

令和2年分の確定申告での特記事項

新型コロナウィルス感染症等の影響で、国や地方公共団体から個人に支給された助成金には非課税となるものと課税となるものの両方があります。

非課税(例)
  • 特別定額給付金(10万円/人)
  • 学生支援緊急給付金
  • 新型コロナウィルス感染症対応従事者への慰労金
課税(例)
  • 持続化給付金
  • GoToキャンペーン事業における給付金
  • 家賃支援給付金

課税・非課税項目の分類の詳細は国税局のWebページ(例「令和2年分の確定申告においてご留意いただきたい事項」)をご参照ください。

パソコンを使った確定申告書作成のための補助作業(該当する方へ)

インターネット・ブラウザを使って、国税庁の確定申告書等作成コーナー(下線部をクリック)のウェブ・ページを開きます。

株や債券などの金融商品取引で配当所得、または、医療費控除がある方は、「集計用ファイル」をダウンロードしてデータを入力したファイルを準備しましょう。

e-Taxのウェブ・ページから集計用ファイルを読み込むことで電子送信ができるようになり、紙の領収書などの提出が不要になります。

その他のデータはe-Taxのウェブ・ページに証明書等の資料を見ながら、直接、入力します。

集計用ファイルのダウンロード(医療費、配当の申請をする方へ)

「集計用ファイル」は、マイクロソフトのExcel(表計算ソフト)のフォームです。

ダウンロードした「集計用ファイル」のフォームにしたがって、医療費や配当のデータを入力してファイルに事前に保存しておくと、確定申告書にデータ入力するときに、入力したデータ・ファイルをe-Taxで読み取らせて、確定申告書の一部となるようにフォームを自動的に変換してくれます。

医療費控除や株などの配当を申請する予定があれば、「確定申告書等作成コーナー」のページの右側「集計用ファイルをダウンロード」から、次をクリックしてExcelフォームをダウンロードします。

  • 「医療集計フォーム」
  • 「配当集計フォーム」
フォームのダウンロード画面

パソコンのディレクトリ 「ダウンロード」 に次の名前のファイルがダウンロードされます。

  • 「医療集計フォーム」: iryouhi_form_v5.xlsx
  • 「配当集計フォーム」: haitou_form_v3.xlsx
ちょっとした豆知識(集計フォームのバージョン)
  1. 医療集計と配当集計のExelフォームは、昨年の確定申告時からアップデートされています。新たにダウンロードして最新のものをご使用ください。

「医療集計フォーム」の操作手順

例として、「医療集計フォーム」の操作手順を見てみましょう。

操作手順
  1. 「医療集計フォーム」を開いて、「編集を有効にする」をクリック
  2. 医療を受けた人の氏名を入力
  3. 費用支払先の名称(病院名、薬局名、通院に使用した公共交通機関名など)を入力
  4. ドロップ・ダウン・メニューから、費用内容に応じて「該当する」を選択
  5. 負担した金額を入力
  6. 補助金額を入力(該当する場合のみ)
  7. 年月日を入力(オプション)
  8. 負担金合計の表示を確認
  9. 補助金合計の表示を確認
「医療費集計フォーム」入力
ちょっとした豆知識(医療費控除)

医療費の合計が10万円以下でも、医療費控除が受けられる場合があります。

申告する年の総所得金額が200万円未満で、総所得金額の5%を医療費の合計が超えた場合、医療費控除の適応になります。

フォーム・ファイル内の入力例や説明にしたがってデータを入力した後、ファイル名を変更して保存します。

  • ファイル名の変更例)
    • 「医療集計フォーム」: iryouhi_xxxx.xlsx
    • 「配当集計フォーム」: haitou_xxxx.xlsx
      • 「xxxx」に2019や2020などの西暦を使用

任意のファイル名で、e-Taxに読み込むことができます。

確定申請書の作成(「所得税」の再開)

インターネットを使った確定申告(e-Tax)のやり方①」の「一時保存したデータを利用して申請書の作成を再開する方法」を使って保存した「所得税」の申告書データ(****.data)を読み込んで、申請書の作成を再開します。

所得・所得控除等入力フォーム

以下、申告の内容は申告者の状況に応じて変わり、一様ではありません。

「具体的な入力例」や「手引きを表示」を使って、あなたの状況にあった内容で申告しましょう。

収入金額・所得金額入力

「所得税」の申告の場合は、次のような資料を参照しながら、データを入力していきます。

例)

  • 源泉徴収票(給与所得がある方)
  • 特定口座年間取引報告書(株、債券、投資信託などの金融商品取引がある方)

「総合課税」または「申告分離課税」の選択 (上場株式の配当所得がある方へ )

証券会社で税金の「源泉徴収あり」の「特定口座」を使用している方でも、上場株式の配当所得を申告することで「総合課税」または「申告分離課税」から課税方式を選択することができます。

課税方式の選択で、節税になる場合があります。詳細は次の参考情報をご検討ください。

配当所得の課税方式の選択

課税方式の選択による「所得税」(国税)の税率の違い(参考情報)

「総合課税」の場合、課税所得に比例して税率が高くなる累進課税 です。

「申告分離課税」の場合、源泉徴収税率は一律20.135%(参考)です。

ちょっとした豆知識:課税方式の選択による「所得税」(国税)税率への影響(参考情報)
  • 課税所得が695万円を超える場合、「申告分離課税」の選択が「所得税」の節税
    • (「総合課税」税率) (「申告分離課税」税率)
    • 課税所得が「695万円を超え、900万円以下」で「総合課税」の税率は23%(参考)
  • 課税所得が695万円以下での場合、「総合課税」の選択が「所得税」の節税
    • (「総合課税」税率) (「申告分離課税」税率)
    • 課税所得が「330万円を超え、695万円以下」で「総合課税」の税率が20%(参考)

課税方式を選ぶ時、次のような控除額の影響に注意してください。

注意事項:課税方式の選択による控除額の影響

金融商品取引などで損失がある場合、

  • 「申告分離課税」を選択すると、「配当控除」はありませんが、「所得」から「上場株式の譲渡損失」や過去に申告した「繰り越し損失」(最大3年)を差し引いて総所得額として税金が計算されます(上場株式等の譲渡損失との損益通算 )。
  • 「総合課税」を選択すると、「配当控除」を適用できますが、上場株式等の譲渡損失との損益通算はできません。

どちらの課税方式の選択が良いか確認したい場合は、「総合課税」を選択した場合と「申告分離課税」を選択した場合の2つのデータ・ファイル、および、PDFファイルを用意して、申告書の送付の前に税額や還付金額の比較検討することをおススメします。

課税方式の選択による地方税への影響 (参考情報)

国税である「所得税」とは別に、都道府県や市区町村に納める地方税の「住民税」や「国民健康保険料」「介護保険料」などがあります。

あなたが「住民税」の申告を市区町村にしない場合、「所得税」(国税)の確定申告で選択した「総合課税」または「申告分離課税」と同じ課税方式で「住民税」(=市民税+県民税)が計算されます。

ちょっとした豆知識(「総合課税」/「申告分離課税」選択の地方税への影響)

上場株式等の配当所得や譲渡所得があり、国税である「所得税」の確定申告で「総合課税」を選択した場合、住民税の申告期間(通常、確定申告期間と同じ)に、最寄りの市区町村で「住民税」(=市民税+県民税)の相談、または、「申告分離課税」方式で「住民税」の申告を市区町村にする検討をおススメします。

「所得税」の確定申告書を所轄税務署に提出することで、都道府県や市区町村の役所と申告内容は共有され、「住民税」や「国民健康保険料」「介護保険料」を算出するために利用されます。

通常、確定申告と同じ課税方式で地方税が計算されるので、確定申告することで市区町村に「住民税」の申告をする必要はありません。

次の表は「住民税」の所得割の税率を示したもので、「分離課税」より「総合課税」の税率が高くなっていることがわかります。

住民税の課税方式都道府県市町村合計
分離課税

2%

3%

5%
総合課税4%(または2%)

6%(または8%)

10%

「所得税」(国税)の確定申告で「総合課税」を選択した場合、地方税である「住民税」の自己負担が増えることになります。

これを避けるためには、住民税の申告期間(通常、確定申告期間と同じ)に、最悪でも「住民税」の納税通知書が送付される前に、住民税(=市民税+県民税)を「総合課税」ではなく、「申告分離課税」を選択する申告を市区町村にすることで、これらの負担を減らすことができます。

所得控除入力

所得控除には例として次のようなものがあります。

所得控除の例)
  • 基礎控除
  • 配偶者控除
  • 配偶者特別控除
  • 扶養控除
  • 医療費控除
  • 社会保険料控除
  • 小規模企業共済等掛金控除
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除
  • 寄付金控除
    • 例)ふるさと納税
  • 障害者控除
  • 寡婦控除
  • 寡夫控除
  • 勤労学生控除
  • 雑損控除
    • 災害、盗難、横領などによって資産に損害を受けた場合の控除

それぞれの控除に該当する方は、次のような資料(例)を参考にしながら数値を入力、または、データ入力済みの集計ファイルを読み込ませます。

資料例
  • 保険料控除証明書(生命保険、社会保険など)
  • 該当する期間の医療費の領収書、または、保険組合が発行する「医療費のお知らせ」の内容を「医療集計フォーム」にデータ入力して、保存したExcelファイル

申告書等の送信・印刷

申告書の入力が終わると、次は申告書の送信です。

申告書の送信前後に、それぞれDataとPDFの2つのファイル・フォーマット形式で申告書をダウンロードできます。

ダウンロードできるファイル形式
  • Dataファイル形式(例:「****.data」)
    • e-Taxに対応したファイル形式で、データの追加・削除などの変更ができます。
    • 保存する前までに入力したデータを保持しています。
  • PDFファイル形式(例:「****.pdf」)
    • 紙に印刷したイメージを電子的に保存したファイル形式で、税務署に提出する書類と同じ内容なので入力情報の検証に適しています。
  • 送信前のPDFファイル(内容の確認用)
    • 主要ページに 「送信前の確認用です」「まだ送信されていません」という表示が自動的に赤い文字で追加されます。
  • 送信後のPDFファイル(提出内容の控え用)
    • 税務署に提出する書類と同じ内容になっています。
    • 1ページ目の表紙に相当する申告書等送信票(兼送付書)で、次のような事項を確認できます。
      • あなたの住所、氏名
      • 所轄の税務署名
      • 「利用者識別番号」
      • 「受付日時」
      • 「受付番号」
      • 電子送信した提出書類
      • 省略できる証明書などの追加資料の状況
注意

申告書の種類(決算書・収支内訳書、所得税、消費税、贈与税)の一つを選択して申告書を作成している間は、申告書送信の前後にかかわらず、保存するファイル名は同じになります。(だたし、DataファイルとPDFファイルは別なデータとして区別されます。)

異なる状態、または、条件でファイルを保存したい場合、ファイル名を変更してください。

申告書のデータ送信時には、ID・パスワード方式で登録した暗証番号(パスワード)が必要で、「利用者識別番号」(ID)に「受付番号」と「受付時間」が紐づけされます。

送信前の申告内容確認

「申告書等の送信・印刷」画面トップ
「申告書等の送信・印刷」画面の底部

申告書の送信準備

氏名と利用者識別番号の確認

操作手順
  1. 送信可能時間を確認する場合、「こちら」をクリック。
    • 休止中やメインテナンス時間を避けるため。
  2. 使用者識別番号(ID)に対応した「名前」を確認。
  3. 利用者識別番号を確認。
  4. (利用者識別番号に間違いがあった場合)「こちら」をクリックして修正。
「申告書等の送信・印刷」「送信準備」画面トップ

申告書に添付するデータの有無の確認

申告書に添付書類(xmlデータ・ファイル)がない場合、「いいえ」を選択。

添付できる書類データ(xmlデータ・ファイル)
  1. 支払者から電子交付を受けたxmlデータを添付する場合
  2. 税理士等に関する入力がある場合
  3. 登記情報に関する入力がある場合
  4. 特記事項に関する入力がある場合
  5. 市販の会計ソフトを利用する場合
    • (市販の会計ソフトの利用はID・パスワード方式で対応していません
「申告書等の送信・印刷」「送信準備」画面の中央部

「入力データを一時保存する」をクリックします。

これは申請書データ送信前の最後の入力データの一時保存になります。

「次へ進む」をクリックして、次の「確定申告書データの送信」へ進みます。

「申告書等の送信・印刷」「送信準備」画面の底部

申告書データの送信

見出し
  1. ID・パスワード方式の利用者識別番号(ID)を確認
  2. ID・パスワード方式の暗証番号(パスワード)を入力
    • 入力した暗証番号がセキュリティのため「****」と表示
  3. 入力した暗証番号を確認したい場合、□にチェック
    • 入力した暗証番号がそのまま表示され、確認が可能
  4. 「送信する」をクリック
「確定申告書データの送信」画面

「送信する」をクリックすることで、確定申告書のデータが税務署に送信されます。

送信結果の内容確認

申告書の送信が成功すると、次の2つの情報が利用者識別番号に紐づけられて記録されます。

  • 受付番号(自動的に割り振られた固有の番号)
  • 受付日時(申告書の送信を受け付けられた時間)

次に進むために、「受付結果を確認する」をクリック

「送信結果の確認」画面

受付結果の内容確認

送信結果の確認で紐づけされた「利用者識別番号」「受付番号」と「受付日時」のほかに、次の項目を含んだ総括が受付結果として確認できます。

  1. 管轄の税務署名
  2. 氏名、または、名称
  3. 年分(税務区分年)
  4. 種目(所得税、決算書・収支内訳書、消費税、贈与税)
  5. 所得金額
  6. 還付される税金

送信した申告書の控えを入手するため、「送信票等印刷へ進む」をクリックして、次に進む。

「受付結果の確認」画面

送信票・送付書等のPDFファイル出力

送信後の申告書の控えのため、PDFフォーマットで出力します。

  1. 「印刷する帳票の選択」ですべての項目にチェックが入っていることを確認。
  2. 「帳票表示・印刷」をクリック。
    • 「所得税」の申告の場合、「r□syotoku.pdf」があなたのパソコンのローカル・ディレクトリ「ダウンロード」に出力されます。
      • ダウンロードしたPDFファイルをあなたが覚えやすい場所(ディレクトリ)に移動させて、わかりやすいファイル名で管理することをおススメします。(紙に印刷する必要がなくなります)。
    • 印刷したい場合(任意)はプリンターが必要で、PDFファイルのアプリケーションAdobe Acrobat Reader DCの印刷機能を利用します。
申告書のPDFファイル出力

画面の右側底部の「次へ進む」をクリックして、次の「申告書を送信した後の作業について」「終了」セクションに進みます。

申告書を送信した後の作業

「入力データを保存する」をクリックすると、Dataファイル形式でファイルがあなたのパソコンの「ダウンロード」ディレクトリにダウンロードされます。

保存した入力データは、将来の申告書の作成に利用することができます。

確定申告「終了」画面トップ(ID・PW)
確定申告「終了」画面の中央部(ID・PW)

「アンケートに回答する」は任意です。

送信した申告書(例:所得税)以外に、別の申告書(例:贈与税)を作成する場合は、「ほかの申告書を作成する」をクリックします。

他の申告するものがない場合は、「終了」をクリックします。

確定申告「終了」画面の底部(ID・PW)

これで「所得税」の申告は終了です。

「所得税」以外に、「決算書・収支内訳書」、「消費税」、「贈与税」といった他の種類の申告する場合、e-Taxの作成する申告書の選択にもどって「所得税」と同様にデータを入力してください。

お疲れさまでした。

まとめ

「ID・パスワード方式」によるインターネットを使った確定申告(e-Tax)で、 代表例として「所得税」の申告書作成の再開から確認、送信、e-Taxの終了まで解説いたしました。

「所得税」の申告書の作成に関して、上場株式等の「配当所得」や「譲渡所得」を申告する方に、「総合課税」または「申告分離課税」の課税方式の選択によって節税するのための参考情報を提供いたしました。

この記事を参考にして、あなたが「ID・パスワード方式」によるインターネットを使った確定申告(e-Tax)を習得することで、あなたの確定申告が楽になり、節税のお役に立てることを願っております。

関連記事

「ID・パスワード方式」によるインターネットを使った確定申告(e-Tax)の始め方について、ID・パスワード方式の届け出から「所得税」の申告を例として「申請書の事前準備」から「作成途中の申請書を一時保存する」までを次の記事で解説しています。この記事とあわせて、ご覧ください。