Search Consoleエラー解決法「URLにnoindexタグが追加されています」

ウェブサイト運営の知恵

Google Search Consoleのエラーで、「URLにnoindexタグが追加されています」でお困りのあなた。

この記事を読むことで、Wordpressのプラグイン「Google XML Sitemaps」と「noindex」タグとが、どのようにGoogle Search Consoleのエラーに関係しているのかを理解することができます。

スポンサーリンク (Sponsored Links)

「URLにnoindexタグが追加されています。」のエラー状況の確認

 Google Search Consoleにログインして、次の事項を確認しましょう。

  • エラーの内容
  • エラーの起こっているウェブ・ページ(URL)
  • クロール日

WordPressの管理画面、該当記事画面から、エラーの起こっているウェブ・ページ(URL)に「noindex」が設定されているがどうか、確認しましょう。

「URLにnoindexタグが追加されています。」のエラー原因の解析

「noindex」タグ が確認されたケース

私の場合、「お問い合わせ」や「プライバシーポリシー」などの固定ページの記事を作った初めの頃は、これらを検索結果に表示させない意図で「noindex」タグをつけていました。

WordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」で、「固定ページ」をsitemap.xmlに含める設定にしていました。このことにより、クローラーが「固定ページ」の記事の「noindex」タグを検出して、Google Search Consoleのエラーとされた。

「noindex」タグ が確認されなかったケース

「noindex」タグが付いていると指摘された記事で、「noindex」タグが付いてなかった場合、クローラー日に注目しましょう。

クローラー日以降の改善変更(「noindex」タグを外した)の場合、次回のクローラーで変更が確認されるまで、エラーのままのステータスで記録され、それがエラーとして表示されたと考えられます。

変更後に、その変更をクローラーで問題ないと確認されるまで、時間差があることを理解し、意識しましょう。

「URLにnoindexタグが追加されています。」のエラー改善の行動

  1. 「noindex」タグがついていた場合、記事の「noindex」タグを外します。
  2. 「noindex」タグが付いていない場合、次のステップ3.に行きます。
  3. Google Search Consoleの「URL検査」を使って、エラーを指摘されたウェブ・ページのURLを入力して、インデックス登録をリクエストします。
  4. (改善行動の組み込み確認後)「Google XML Sitemaps」の設定から「固定ページ」を外す。

「URLにnoindexタグが追加されています。」のエラー改善の検証

数日後、Google Search Consoleのメッセージで

  • サイト(https://dan-chan.com/)に関する「カバレッジ」の問題が修正されました

という表題の連絡が来ました。この連絡の中に、

  • 貴サイト(https://dan-chan.com/)で「カバレッジ」の問題が修正されたことを確認いたしました。今回確認した問題は「送信された URL に noindex タグが追加されています」です。

と記述してあり、エラー改善の効果が確認されました。

まとめ

「プライバシー・ポリシー」や「お問い合わせ」など「固定ページ」に作ったページを検索表示したくない場合は、「noindex」を使うのではなく、Google XML Sitemapsの設定から「固定ページ」を外しておくのが、Google Search Consoleのエラーを引き起こさない対処法です。

これを教訓として、あなたのWordPressサイト運営にお役立てください。

関連記事「Google Search Consoleのエラー解決法」で、「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」をはじめとして、それ以外の問題解決法のリンクを「Google Search Consoleの解決済みエラーの一覧表」に出しています。 それぞれの個別エラーの具体的な対処法、または、解決法についての詳細は、一覧表の下線があるエラー項目をクリックして、リンクから個別の記事をご覧ください。